富山信金、連絡やマッチングにLINE導入

2020/3/12 17:35
保存
共有
印刷
その他

富山信用金庫(富山市)は職員間の連絡にLINEのビジネス版「LINE WORKS(ラインワークス)」を導入したと発表した。ラインワークスは管理機能やセキュリティーを強化してあるのが特徴。職員の情報共有を効率化するほか、掲示板機能を使って取引先のビジネスマッチングにも生かす。

導入に先立ち、支店長や営業担当者など135人の職員に業務用のスマートフォンを貸し出した。予定やファイルの共有機能を使うなどして、日常の業務連絡をスピードアップしたい考えだ。ラインワークスでは既読や未読が誰かといったことも把握できる。

掲示板機能で顧客のビジネスマッチングも加速させる。富山信金の担当者は「これまで社内で1週間に1度のペース案件の共有をしていたのが、毎日できるようになる」と説明する。一連の機能を活用して大規模災害時の安否確認や店舗の状況把握にも役立てたいという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]