/

陸自マスク35万枚搬出 新型コロナ対策

陸上自衛隊は12日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けて、用賀駐屯地(東京都世田谷区)からマスク約35万枚を、民間に提供するため搬出した。江東区にある運送会社の倉庫に運び込み、厚生労働省が配布先を決める。

駐屯地では、隊員らがフォークリフトを使い、マスクの詰まった段ボール箱を手際よく2台のトラックに積み込んだ。

河野太郎防衛相は6日、マスクの品薄状態に対応するため、自衛隊が保有するマスク約155万枚のうち今回の分を含めて約100万枚を放出することを表明している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン