/

この記事は会員限定です

防衛駐在官増加 46カ国に 邦人殺害で派遣国拡大

政界Zoom

[有料会員限定]

海外の日本大使館を訪れると自衛隊の制服を着た人物が働いていることがある。自衛官の身分を持ちながら外交官として勤務する「防衛駐在官」だ。海外で安全保障関連の情報収集などをするため、自衛隊が派遣する。近年増やし続けており、2020年2月1日時点で46カ国の大使館と国連などの日本政府代表部に計70人が働く。

軍備チェックに友好も

1等陸佐の山本雅史氏は3年間、米国で防衛駐在官として勤務した経験がある。「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン