日経平均終値、1万9000円割れ 2年11カ月ぶり

2020/3/12 15:01 (2020/3/12 16:20更新)
保存
共有
印刷
その他

12日の東京株式市場で日経平均株価は急落し、前日比856円43銭(4.41%)安の1万8559円63銭で終えた。2017年4月20日以来約2年11カ月ぶりの安値を付けた。下げ幅は今年2番目の大きさ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界保健機関(WHO)が11日に「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明し、投資家心理が冷え込んだ。日本時間12日午前のトランプ米大統領のテレビ演説では、…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]