「調停に代わる審判」とは? 裁判に適さぬ場合の制度
弁護士・榊原富士子さん(ホーム法務Q&A)

2020/3/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

離婚調停を申し立て夫と話し合ってきましたが、夫は調停3回目から家庭裁判所に来なくなりました。2回目で夫は「離婚してもいい、養育費の額は裁判所に任せる」と言い、裁判所は「調停に代わる審判」をするとしています。これはどういうものでしょうか。

「調停に代わる審判」とは、名前のとおり裁判の一種のようでもありますが調停の延長である中間的な制度です。これにより離婚が確定したときは、戸籍に「〇年〇月〇日離婚の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]