宮古島の挑戦、太陽光で電力を自給 FITに頼らず

2020/3/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーによる自給自足の生活に挑む島がある。東京から約2000キロメートル離れた沖縄県の宮古島で、最大の特徴は固定価格買い取り制度(FIT)に頼らない点だ。東京電力の福島第1原子力発電所事故から9年が過ぎ日本でも再生エネのFITが浸透したが、買い取り費用の国民負担額が増え制度は見直されている。宮古島の成否が、日本で再生エネの自家消費が根付くかの試金石となる。

宮古島中部にある宮古空港か…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]