サウジの原油大増産、戦略なき政策転換の危うさ
編集委員 松尾博文

松尾 博文
2020/3/12 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビアが原油市場の調整役を放棄し、大増産へかじを切った。原油相場は暴落し、衝撃は株式や金融市場にも及ぶ。秩序なき価格競争の引き金を引いたサウジに勝算はあるのか。決断に至る動機が見えにくいことが、市場の不安を一層かき立てている。

暴落の起点となった3月上旬のウィーンでの石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非OPEC産油国による協議。ロシアのノワク・エネルギー相は判断を仰ぐため、モスクワに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]