/

メルケル独首相「全人口の6~7割感染も」 新型コロナ

感染拡大を遅らせるように呼びかけたメルケル独首相=ロイター

【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて初めて記者会見し、このまま治療法が見つからなければ、ドイツの全人口の60~70%が感染する恐れがあると語った。このためメルケル首相は医療システムに過大な負担をかけないためにも、感染拡大を遅らせて時間を稼ぐ必要があると訴えた。

ロベルトコッホ研究所によると、ドイツの新型コロナウイルスの感染者数は10日時点で約1300人に増え、死者も出始めている。メルケル首相は専門家の発言を引用する形で「60~70%」という数字に言及した。

メルケル首相が強調したのは、もはや完全な封じ込めが難しくなっている現状を踏まえ、「ウイルスと感染の広がりを遅らせる」ことに力点を置くという考え方だ。ドイツではシュパーン保健相が「参加者が1千人を超えるイベントの中止」を呼びかけ、サッカーの試合が無観客になったり、コンサートが取りやめになったりしている。

感染拡大のペースが落ちれば、感染者の発生が分散され、医療システムの崩壊を回避できるとの考え方がある。メルケル首相は高齢者を守るためにも「これは無駄なことではない」と訴えた。

感染拡大は経済にも影響を与えており、ドイツ政府は企業の資金繰り対策などに着手している。メルケル首相はこうした対策の財政への意味合いは「最後になって分かるものだ」と指摘し、新規の国債発行をゼロにして財政黒字を維持することには必ずしもこだわらない考えも示唆した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン