街の記録届け続けた 60号で「閖上復興だより」終刊へ

2020/3/11 21:27
保存
共有
印刷
その他

11日午後2時46分、宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区。海に近い災害公営住宅のエントランスで、静かに黙とうする被災者らにカメラのファインダーを向ける男性がいた。情報紙「閖上復興だより」編集長、格井直光さん(61)だ。

この日は最終号となる第60号向けの取材。「自分も静かに祈りながら、しっかり記録できた」。最終号は11日の様子や読者の声などをまとめる。住民の佐藤美恵子さん(77)は「毎号楽しみに…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]