/

この記事は会員限定です

北陸新幹線、福井延伸の好機は 沿線自治体の期待と不安

北陸新幹線5年 北信越の変貌(4)

[有料会員限定]

「100年に一度の好機」。この数年、福井県内の行政・企業関係者の間で合言葉のように繰り返し使われているフレーズだ。金沢から8年遅れ、2023年春に北陸新幹線が敦賀まで延伸する。福井県として待ちに待ったこの好機を観光客の誘致や人口減少対策に生かすべく、県内では官民一体となって様々な計画が進む。ただ、解決すべき課題は山積している。

「新幹線開通後、観光客は3分の1になったと聞いた。これが未来の鯖江の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1757文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン