/

この記事は会員限定です

国内ファンド、最高に迫る 今年新設5000億円台

承継・事業分離に軸 「高値づかみ」の懸念も

[有料会員限定]

日本国内に対象を絞った投資ファンドの新設規模が2020年は5000億円超と、14年ぶりの水準に達する可能性がある。後継者難の企業や大企業が切り離す非中核事業などが主な投資対象となる。低金利による運用難を受け、内外の機関投資家の資金が集まりやすくなっている。資金規模の拡大でファンド間で案件の争奪が激しくなり、「高値づかみ」が増える恐れがある。

PwCジャパングループが日本企業を専門とする投資ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1365文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません