トヨタグループ主要7社、賃上げ額が要求2割超下回る

賃上げ交渉
2020/3/11 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車のグループ各社の2020年春季労使交渉は11日、集中回答日を迎えた。自動運転など先進技術への投資が拡大する中、成果に報いる賃金制度を目指すトヨタは一律色の強いベースアップ(ベア)を7年ぶりに見送った。また中国などで自動車市場が縮小していることや、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、要求に対して大幅に回答額が下回るケースが相次いだ。

「現時点では個社の職場課題に即した、職場を強くするた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]