/

この記事は会員限定です

太陽光を輸入しよう 新しいエネルギー安保に備えを

編集委員 松尾博文

[有料会員限定]

東京電力福島第1原子力発電所の事故から9年が過ぎた。被災地を訪ねるたびに、満足にはほど遠いとしても、復興への確かな手応えを感じることができる。

エネルギー政策はどうだろう。国が将来の電源比率を定めたエネルギー基本計画をまとめたのは2014年。原発を20~22%、再生可能エネルギーを22~24%とする目標は、6年過ぎても維持されている。

不作為にも映る思考停止が続く間、世界では再生エネの普及が進み、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2053文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン