/

この記事は会員限定です

長野の木工業やまとわ、アカマツの家具量産で森林持続開発

[有料会員限定]

木工業や森林保全事業などを手がける、やまとわ(長野県伊那市)は、地元産のアカマツを使った木工家具製品の新ブランドを立ち上げ、量産販売を開始した。家具はこれまで注文生産に限定してきたが、木材の消費拡大で地元の林業の活性化につなげる。同社は林業振興の「森林塾」なども運営しており、伊那市が目指す持続可能な森林経営にも役立てる。

新ブランドは「pioneer plants」。「家の中でも、森の中でも」をテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン