SDGsと企業の責任(9) 2030年の「あるべき姿」
法政大学教授 長谷川直哉

やさしい経済学
2020/3/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

SDGsやパリ協定によって、企業を取り巻く事業環境は大きく変化しています。投資家やステークホルダーは、財務情報では開示されない長期的な価値創造プロセスに強い関心を持つようになりました。

2013年、国際統合報告評議会(IIRC)が国際統合報告フレームワークを公表したことを機に、統合報告書を発行する企業が増えています。これは企業の価値創造プロセスを財務情報と非財務情報の両面から説明するコミュニケー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]