新型コロナで静岡まつり中止、昨年は100万人の集客

2020/3/11 16:36
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、静岡市の春の大型イベント「静岡まつり」の中止が決まった。今年は第64回で4月3日~5日に開催予定だった。2019年は期間中に約100万人が訪れた静岡市恒例のイベントで、中止するのは東日本大震災が発生した2011年以来2回目。

徳川家康役に有名人を招いて町を練り歩く「大御所花見行列」や、数千人が市内のメインストリートを踊り歩く「夜桜乱舞」などの実施が予定されていた。今後、出店業者や参加者への費用の払い戻しを順次進める。

実行委員会の久保田隆委員長は11日の記者会見で「1年かけて準備してきた。開催1カ月前の苦渋の決断だということをご理解いただきたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]