/

東京ディズニーリゾート、臨時休業延長 4月上旬まで

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの休園を知らせる電光掲示(2月29日、千葉県浦安市)

オリエンタルランドは11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2月下旬から臨時休業中の東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)の休業期間を4月上旬まで延長すると発表した。これまでは3月15日までを予定していたが、政府による自粛期間延長の要請に応じる形で休業期間の延長を決めた。

東京ディズニーランド(TDL)と東京ディズニーシー(TDS)のほか、商業施設のイクスピアリなどの休業期間を延長する。このほか、TDLで4月中旬に開業予定だった新エリアについても、開業時期を5月中旬以降に後ろ倒しする。

TDRが複数の日にわたって終日休業するのは、東日本大震災直後の2011年3~4月以来、約9年ぶりとなる。新型コロナの感染拡大が日本最大のレジャー施設の長期休業につながるなど、消費全般への影響も懸念されている。

TDRは20年3月期の入場者数の見込みについて、昨年10月に3000万人から3150万人に上方修正したが、達成は困難な情勢だ。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン