法相が答弁撤回 「震災時、検察官は逃げた」

2020/3/11 17:00
保存
共有
印刷
その他

自身の答弁に野党が反発、審議が中断した参院予算委で再開を待つ森法相(11日)

自身の答弁に野党が反発、審議が中断した参院予算委で再開を待つ森法相(11日)

森雅子法相は11日の参院予算委員会で、9日の同委で「東日本大震災の時に検察官は最初に逃げた」などと答弁したことについて個人的見解だったと撤回した。立憲民主党などの共同会派と共産党の国会対策委員長は国会内で会談し、閣僚に不適任だと批判した。

森氏は9日の答弁で「東日本大震災の時、検察官は福島県いわき市から国民、市民が避難していないなかで最初に逃げた。身柄拘束をしている十数人を理由なく釈放して逃げた」と述べた。森氏は自民党が野党時代の2011年、震災を巡る国会質疑で9日の答弁と同じ趣旨の発言をした。

立民の山尾志桜里氏がこの発言を問題視し、11日の衆院法務委で追及した。森氏は「『理由なく』と『逃げた』は個人的見解だ」などと述べ、審議が紛糾した。

森氏はその後の参院予算委で「あくまで個人的見解を述べた。法相が事前に示すことなく個人の見解を申し上げたのは不適当で撤回する」と語った。参院予算委と衆院法務委は11日の審議の途中で散会した。

菅義偉官房長官は11日の記者会見で森氏の答弁について「閣僚は国会で緊張感を持って対応してほしい」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]