/

ドラレコ、高機能モデルが快走 19年販売27%増

あおり運転の急増などを受けてドライブレコーダーの販売が急伸している。調査会社によると2019年の販売台数は前の年比27%増の177万台。6年連続プラス。消費増税前の駆け込み需要も重なり、8~9月に需要が急増した。前後にカメラを搭載した高機能モデルが人気で平均価格も上昇傾向にある。

高機能モデルが売れ筋になっている

調査会社GfKジャパン(東京・中野)が11日、国内のドライブレコーダーの販売動向を発表した。全国のカー用品店や家電量販店、インターネット通販などの販売実績を集計した。ドラレコの販売台数は、13年以降6年連続で増加した。

あおり運転によるトラブルの報道が相次いだ19年夏から店頭での売れ行きが増えた。月別の販売台数は、8月は前年同月に比べて1.7倍で、9月は2.6倍だった。高齢者ドライバーの増加、トラブル予防などが追い風になっており、消費増税を控えた8~9月に販売台数を押し上げたとみられる。

高機能モデルが市場をけん引する。税別の平均価格は1万9100円と前年に比べて21%上昇した。全体に占める前後カメラ搭載モデルの割合は、前年に比べ30ポイント上昇して48%になった。17年に登場した360度撮影できるモデルも人気が高まっている。車両の横からの幅寄せ、後方からの接近などが記録できることが評価されている。

画素数が200万画素の「フルHD」以上の高精細なモデルが全体の9割を占める。ナンバープレートを読み取りやすく、記録を残すため高精細モデルが選ばれている。

ただ足元の販売は伸び悩む。19年12月以降、ドラレコの販売台数は3カ月連続で前年を下回って推移する。搭載率が上昇し、ここ数年続いた販売台数の伸びが一服しつつある。それでも高機能化の流れは続くとみられており、使いやすさや通信機能が売れ行きを左右しそうだ。(平塚達)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン