/

19年のネット広告費、初めてテレビ抜く 電通調べ

電通は11日、2019年の日本の広告費に関する調査結果を発表した。インターネット広告は18年比19.7%増の2兆1048億円となり、2.7%減の1兆8612億円だった地上波テレビ広告を初めて上回った。消費者の接触時間が長いスマートフォンの普及や広告を出す企業のデジタルシフトが伸びを後押しした。

日本の総広告費は6.2%増の6兆9381億円で、8年連続で前年を上回った。テレビや新聞など従来型のマスメディア4媒体では3.4%減の2兆6094億円と減少する一方、ネット広告の伸びが全体をけん引した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン