/

少数民族女性に迫害の恐れ 難民認定命じる、東京地裁

ミャンマー国籍で少数民族カチンの女性(46)=東京都=が難民認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、「帰国すれば軍や関係者から拷問や虐待などの迫害を受ける恐れがある」として認定を国に命じた。

判決によると、女性は留学のため2000年に来日した後、カチンの地位向上を求めるグループのメンバーとして反政府デモに参加。難民認定申請を3回したが、いずれも不認定処分だった。

判決理由で清水知恵子裁判長は、ミャンマーで軍事政権の関係者から暴行を受けた兄が「妹が帰国すれば、遺体すら見ることはできないと言われた」との手紙を残していたことから「女性の活動は軍事政権にも認識されていた」と指摘した。

判決後に記者会見した女性は「苦しんでいるカチンは大勢いるが、難民認定されない実情を知ってもらいたい」と訴えた。出入国在留管理庁は「判決内容を十分に精査し、適切に対応したい」としている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン