/

「授かり率UP」根拠なし 妊活サプリ「マカミア」

消費者庁は10日、サプリメント「マカミア」を摂取すれば妊娠しやすくなるかのように表示し、販売した「ゼネラルリンク」(東京)に対し、根拠がなく景品表示法違反(優良誤認表示)に当たるとして、再発防止命令を出した。

「ゼネラルリンク」のサプリメント「マカミア」=共同

同庁表示対策課によると、妊活サプリのランキングサイトを開設し、あたかも第三者が運営しているかのように装い、マカミアを1位にランク付けする「自作自演」もしていた。

2019年11月~20年2月、自社ウェブサイト上やランキングサイトで「赤ちゃんを授かりやすい体に導いてくれます」「授かり率が190%UPする妊活サプリ」などと表示。根拠となる資料は提出されなかった。

ゼネラルリンクの担当者は「指摘を真摯に受け止め、今後の再発防止に全社一丸となって取り組む」と話した。サプリの販売は3月で終了するとしている。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン