市場揺らす原油戦争 米・ロ・サウジ、勝者なき増産へ

2020/3/11 5:49 (2020/3/11 7:44更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国の協調減産の交渉が決裂し、世界のエネルギー市場はサウジアラビアとロシア、米国による三つどもえの価格戦争に突入した。サウジとロシアは自国の採算悪化をいとわず、米国のシェール増産を止める賭けに出た。原油相場の下落が長期化すれば日本を含む消費国に一時的な恩恵を与える一方、エネルギー秩序の急変は世界経済を揺さぶるリスクをはらむ。

サウジの原油増産方針を受けて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]