/

EU首脳「必要なすべての対策をとる」 新型コロナで

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)加盟国の首脳は10日、感染が拡大する新型コロナウイルスを巡って臨時のビデオ会議を開いた。ユーロ圏経済への影響を最小限に抑えるため、必要なすべての対策をとることで一致した。ウイルス拡大の防止や医薬品の供給など4つの分野で協力することを確認した。

EU各国首脳とのビデオ会議にのぞむミシェルEU大統領(10日、ブリュッセル)=ロイター

EU首脳が一致したのは(1)感染拡大の防止(2)医療機器の供給(3)ワクチン開発を含む研究開発(R&D)促進(4)社会経済への影響への対応――の4点だ。医療機器の供給では欧州委が不足が生じないか、関連業界との調整に入る。マスクなどが市民に行き渡るか注視する。

経済面ではとりわけ流動性不足の問題緩和に取り組み、中小企業や打撃を受ける業界を支援する方針。EUの財政や補助金のルールを柔軟に適用することで一致した。懸念される景気への影響を財政出動などで下支えする方向性を共有した。

ミシェルEU大統領は声明で、感染拡大防止について「社会全体に過度な結果をもたらさないように、対策はバランスのとれた内容である必要がある」として、加盟国間の国境を閉じるなどの措置は慎重に検討すべきだとの姿勢をにじませた。

フォンデアライエン欧州委員長は記者会見で加盟国の保健相と内相が毎日連絡を取り合っているとして「日々変わる状況を議論している」と述べ、機動的に対応すると強調した。

ミシェル氏は3月下旬のEU首脳会議で「必要ならばさらなる対応をとる」と主張した。会議には欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁らも参加した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン