/

米国、新型コロナ感染者数 950人超 NY一部地域を閉鎖

(更新)
ニューヨーク州は、一部地域の学校・教会などの封鎖を決めた(ニューヨーク市内の地下鉄)=ロイター

【ニューヨーク=野村優子】米国で新型コロナウイルスの感染拡大が加速している。米ジョンズ・ホプキンス大学によると10日午後6時(米東部時間)時点で米国の感染者数は959人、死者数は28人となった。ニューヨーク州は感染者の増加が著しい一部地域の学校や教会を閉鎖すると発表。ハーバード大学はオンライン講義への移行を決めるなど、学校封鎖の動きも強まっている。

ニューヨーク州は10日、ウェストチェスター郡ニューロシェルの感染者が多く発生した場所から半径1マイル(1.6キロメートル)を「封鎖ゾーン」として、ゾーン内の学校や教会、集会場所などを12日から2週間閉鎖すると発表した。国家警備隊が食料配達を支援し、同地域の消毒などを行う。大人数の集会を制限するもので、ゾーン内に住む人の行動は制限しない。

ニューヨーク州のクオモ知事は10日の記者会見で、同州の感染者数は31人増えて173人となったと発表した。その半数以上がニューロシェルのあるウェストチェスター郡であるため「米国における最も大きい『クラスター(小規模な感染集団)』のケースだ」と述べた。

感染拡大をうけて、大学の閉鎖も相次ぐ。ハーバード大学は10日、新型コロナの感染拡大を防ぐため春休み明けはオンライン講義に移行すると発表した。9日にはコロンビア大学がオンライン講義に移行するために、9~10日の講義の中止を発表するなど、主要大学で対応が広がっている。アイビーリーグはバスケットボールのトーナメント大会の中止も決めた。

国連は10日、新型コロナウイルスの感染拡大の懸念で、観光客向けツアーの停止を発表した。グテレス事務総長の報道官が明らかにした。再開時期は未定。ツアーは週末以外は毎日実施され、国連には毎年約100万人の観光客が訪れていた。国連によると、現時点ではニューヨーク本部の職員が感染したケースはない。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン