/

この記事は会員限定です

抜け落ちた審査資料 伊方原発差し止めの一因か

科学記者の目

[有料会員限定]

四国電力の伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)が広島高裁の運転差し止め仮処分を受けて約2カ月が過ぎた。高裁が触れた政府の断層帯報告書では、四国電が実施した海上音波探査の記載がなく、差し止め決定の一因となった。原子力規制委員会の安全審査の過程で実施した探査だったが、四国電が審査のまとめ資料に盛り込まず、埋もれてしまった可能性がある。知見を広く共有するためにも規制委の情報発信のあり方も問われる。

「四国電力...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン