/

新型コロナ検査可能数、都道府県により1日20~190件

厚労省が集計、最多は神奈川

(更新)

厚生労働省は10日、都道府県ごとの新型コロナウイルス検査の実施可能件数を公表した。1日当たり190件を検査できる神奈川県が最多で、ほかに千葉、福岡、東京、北海道、新潟、愛知、大阪、兵庫の8都道府県が100件を超えた。20件にとどまる県も複数あった。

同省が各地の地方衛生研究所の7日時点の可能件数を集計し、合計は2724件だった。ほかに国立感染症研究所や検疫所、民間検査機関や大学などを含めると10日時点で全国で計6160件が検査可能という。

同省は「特別態勢で対応した場合の件数を計上しているケースもあれば、通常時の件数を報告している自治体もある。一概に多い少ないと評価はできない」としている。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン