/

東日本大震災から9年 与野党が談話

東日本大震災から11日で丸9年を迎えることを受け、与野党は談話を発表した。要旨は次の通り。

自民党 東日本大震災を決して風化させることなく、震災時に結ばれた「絆」を確かめながら、被災地に約束してきた復旧・復興を必ず成し遂げる。

立憲民主党 被災地・被災者に寄り添い、ボトムアップでの復興を実現できるよう、これからも全力で取り組む。

国民民主党 被災自治体の実情にあった復興の取り組みを推進できるよう、万全な体制整備と十分な財源確保に力を尽くす。

公明党 被災者が「心の復興」を成し遂げるその日まで、誰も置き去りにしない「人間の復興」へ闘い続ける。

日本維新の会 大震災の教訓を忘れず、近年頻発する台風や豪雨などの大規模災害の被災者と手を携える。

共産党 国が最後まで責任を果たし、必要な支援を行うことを強く求める。

社民党 震災の記憶の風化を食い止め、一刻も早い被災地の復旧・復興に全力を挙げる。

れいわ新選組 原子力発電からの撤退、自然エネルギーのインフラ整備に力を注ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

震災9年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン