東北に全国から「助っ人起業家」 彼らはなぜ被災地に

大震災9年
2020/3/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月11日で東日本大震災から9年。宮城、岩手、福島の被災3県経済は今なお再生の途上にある。震災で東北から撤退した企業も多い一方で、関西や九州など遠方から被災3県を訪れてスタートアップを興した「助っ人起業家」たちもいる。彼らは何を思い、被災地に降り立ったのか。肉声をつなぎ、その思いに迫る。

 きれいになることは生きる力を生むんです。最も大きな被害を受けたこの場所から全国展開を目指します。なんとか土地

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]