/

新たに45人感染確認 死者は10人に 新型コロナ

(更新)

各自治体などによると、10日に国内で新たに新型コロナウイルスの感染が確認されたのは午後9時半現在で45人。都道府県別の内訳は大阪18人、兵庫8人、埼玉5人、北海道、東京、新潟の3都道県が各3人、神奈川2人、千葉、三重、京都の3府県が各1人。国内での感染者数は552人で、感染確認は34都道府県。

ライブハウスでの感染のほか、病院や介護施設の関係者の感染確認が相次いでいる。

相模原市在住で感染して入院中だった80代男性は9日に肺炎で死亡。クルーズ船を除き国内での死者は10人となった。死亡した男性は2月18日に食欲不振や歩行困難の症状が出て、19日に救急搬送され入院、ウイルス検査をした結果、21日に陽性と判明していた。

大阪府で感染が確認しされた18人のうち6人は感染者が多数確認されている大阪市内のライブハウスを訪問。別の3人は感染が確認されたライブ参加者の同僚など濃厚接触者だった。府内の感染者は同日までに計73人となった。

三重県で感染が確認された30代女性も2月24日に大阪市北区のライブハウスを訪れた近親者と濃厚接触があった。三重県内の感染確認は2人目。

札幌市で感染が確認された3人は50~60代の男女。いずれも集団感染が疑われている繁華街ススキノのライブバーの客や、従業員の濃厚接触者という。ライブバー関連の感染者判明は計10人になり、道内の感染者数は計111人となった。

兵庫県尼崎市で感染が確認されたのは同県伊丹市のデイケア施設に勤務する尼崎市の50代男性介護士と、施設の利用者で伊丹市の80代男性の2人。このほか同県姫路市は男女2人の感染確認を発表。8日に陽性が判明した女性看護師が勤務する病院の同僚で40代の女性看護師と、60代の男性入院患者という。同県西宮市も40代男性介護士が感染したと発表した。

京都府が感染を確認した70代女性は7日に陽性と確認された40代の女性介護福祉士が勤務していた福知山市民病院(同府福知山市)に入院していた。

千葉県で感染が確認されたのは市川市の80代女性で、職員の感染が確認された市内の福祉事業所を2月下旬に利用していた。女性は3月1日に37度台の熱や軽いせきの症状が出た。同9日に受診した2カ所目の医療機関で検体を採取し、10日に陽性の結果が出た。事業所は3月下旬まで閉鎖し、消毒作業をする予定。

埼玉県では川越市に住む60代の夫婦と30代の息子の感染を確認。このほかいずれも入間市に住む市役所パート職員の50代女性と、50代男性会社員の感染も確認された。

神奈川県は10日、県内在住の20代男女が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。いずれも、これまでに感染が確認されている高齢者と同居する孫。

東京都によると、都内に住む40代から70代の男女3人が10日、新型コロナウイルスに感染したことが判明した。うち70代の男性会社員が発熱のため重症。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン