/

この記事は会員限定です

「いちご王国」栃木、3年目の本気 白色1粒600円も

[有料会員限定]

イチゴの生産量日本一の栃木県が「いちご王国」と名乗りを上げて3年目となる今季、販売攻勢に本腰を入れている。デビューした新品種は1粒600円を超える商品もあり、県内外でイチゴのPRを幅広く展開する。イチゴは産地間競争が激しく群雄割拠の時代となったが、栃木の食のブランド力はなお低迷している。イチゴを突破口にして県産食材の認知度を高めようと躍起だ。

「1粒648円」――。東武宇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り955文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン