ナイキの新シューズは「ほぼゴミ」から再生 夏発売

コラム(テクノロジー)
2020/3/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ナイキがほぼすべての材料を廃棄物、つまり「ゴミ」から再生した原料で作ったシューズを2020年2月に発表した。気候変動がスポーツイベントや選手に与える影響に対処する姿勢を明確にしたものだ。

「私たちはかっこいいだけでなく、常にサステナブル(持続的)でありたい。そうした制約を楽しみながら、問題を解決して開発したのがこのシューズだ」

ナイキサステナブルイノベーションのシャナ・ハナ・バイスプレジデント…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]