/

この記事は会員限定です

愛知「西三河地区」 高層マンションが活況

[有料会員限定]

安城市や知立市など愛知県の西三河地区で高層マンションの建設が相次いでいる。JRや名鉄の駅前エリアの再開発などをにらんだ動きで、名古屋市と比べたマンション価格の割安感で子育て世代の呼び込みを狙う。戸建て生活の高齢者の住み替え需要も期待され、「戸建てが主流」とされる西三河地区の住宅販売事情に変化が起きている。

矢作建設子会社の矢作地所(名古屋市)とトヨタホームは、安城市の中心部に地上19階建ての分譲マンションを建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン