5/27 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: コロナ下、進む銘柄選別 「DX・医療・巣ごもり」上昇[有料会員限定]
  2. 2位: NY証取、立会場を2カ月ぶり再開 ダウは一時600ドル高
  3. 3位: 逆風下でも最高益133社 1~3月、デジタル関連好調[有料会員限定]
  4. 4位: 「解除相場」の主役は短期マネー 目立つ売り方の買い戻し[有料会員限定]
  5. 5位: 私鉄大手、11社が最終赤字 14社1~3月 ホテル事業も不振
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,862,686億円
  • 東証2部 64,100億円
  • ジャスダック 89,877億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.16倍 --
株価収益率17.43倍23.68倍
株式益回り5.73%4.22%
配当利回り2.09% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,271.17 +529.52
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,280 +460

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

嵐の中から野村が逆襲 顧客奪還へ自ら価格破壊
編集委員 前田昌孝

前田 昌孝
編集委員
2020/3/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2008年のリーマン・ショック時には日経平均株価が結局、61.4%下落した。下落率をそのまま当てはめれば、9376円まで下げる計算だが、どこで下げ止まるかは、感染症をいつ克服できるかにかかっている。株式の投資家は嵐の中で損失回避に懸命になっている人もいれば、買いチャンスを虎視眈々(たんたん)と狙っている人もいる。顧客の口座数でSBI証券に追い上げられた野村証券は、逆襲に動き出した。攻守転じるかも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム