消費は「巣ごもり」に照準、コロナ拡大の北海道で急増

2020/3/10 18:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する動きが広がり、企業は自宅の「巣ごもり」消費へと照準を切り替えている。外食チェーンは出前で配食を請け負い、飲食店では持ち帰り専用のメニュー導入が相次ぐ。買い物でも濃厚接触を避ける宅配の需要が伸びており、逆風下で新たな客層を取り込もうと企業はしたたかに知恵を絞る。

「お店の宴会をそのままご自宅にお届けします!!」。釧路、札幌で居酒屋など8店舗の外食チェーン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]