ボーイング、受注9兆円失う 737MAX運航停止1年

2020/3/10 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ボーイングの小型機「737MAX」のエチオピアでの墜落事故から10日で1年。その直後から各国の航空当局が相次ぎ運航停止に動き、この間に約900億ドル(約9兆2000億円)相当の受注が失われた。運航再開の時期はなお不透明で、部品メーカーの業績も圧迫している。日本勢が期待する次世代中型機「NMA」の開発計画にも暗雲が垂れこめており、影響は長期化しそうだ。

737MAXはボーイングの商用機の7割を占…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]