/

この記事は会員限定です

処方薬をアプリで入手、コロナ影響で クオールが導入

[有料会員限定]

調剤薬局大手のクオールホールディングス(HD)は10日、患者がスマートフォンから処方薬(医療用医薬品)を入手できる仕組みを導入した。薬剤師の説明を受ける「服薬指導」や決済が全てアプリで完結、薬は自宅に配送される。処方薬は原則、対面販売だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で暫定的に認められた。患者が効率的な薬の受け取りができるよう、ノウハウを蓄積する。

患者が処方薬を購入するには通常、(1)病院で医師の診察を受ける、(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1064文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン