処方薬をアプリで入手、コロナ影響で クオールが導入

2020/3/10 18:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

調剤薬局大手のクオールホールディングス(HD)は10日、患者がスマートフォンから処方薬(医療用医薬品)を入手できる仕組みを導入した。薬剤師の説明を受ける「服薬指導」や決済が全てアプリで完結、薬は自宅に配送される。処方薬は原則、対面販売だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で暫定的に認められた。患者が効率的な薬の受け取りができるよう、ノウハウを蓄積する。

患者が処方薬を購入するには通常、(1)病…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]