生物多様性、新目標設定へ 企業に有益な仕組み必要
直談 専門家に問う

科学&新技術
2020/3/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地球上の生物の多様性を守るため、国連は2年に1度、生物多様性条約締約国会議を開く。2020年10月には中国で会議が開かれ、10年に設定された愛知目標に代わる新たな目標が設定される。愛知目標にも関わった名古屋大学の香坂玲教授に、生物多様性条約の意義について聞いた。

――生物多様性とは何でしょうか。

「生物多様性は生物の種類の豊富さだけでなく、遺伝子レベルでの違いや、地域ごとの生態系の多様性も包括す…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]