/

この記事は会員限定です

生物多様性、新目標設定へ 企業に有益な仕組み必要

直談 専門家に問う

[有料会員限定]

地球上の生物の多様性を守るため、国連は2年に1度、生物多様性条約締約国会議を開く。2020年10月には中国で会議が開かれ、10年に設定された愛知目標に代わる新たな目標が設定される。愛知目標にも関わった名古屋大学の香坂玲教授に、生物多様性条約の意義について聞いた。

――生物多様性とは何でしょうか。

「生物多様性は生物の種類の豊富さだけでなく、遺伝子レベルでの違いや、地域ごとの生態系の多様性も包括する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1108文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン