インドネシア産ナッツ 世界に、健康志向捉える

2020/3/10 16:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシア産ナッツの人気が世界でじわり高まっている。インドネシア国内をはじめ、世界各国でミレニアル世代(1980~2000年ごろ生まれ)を中心に、自然食品を好む健康志向が広がっていることが消費を後押しする。日本などに輸出され始め、ブームの兆しをみせている。

インドネシアの首都ジャカルタ南部で19年、聞き慣れないナッツを扱う店が開業した。「バタビア・コーヒー・アンド・ナッツ」では、インドネシア産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]