/

この記事は会員限定です

インドネシア産ナッツ 世界に、健康志向捉える

[有料会員限定]

インドネシア産ナッツの人気が世界でじわり高まっている。インドネシア国内をはじめ、世界各国でミレニアル世代(1980~2000年ごろ生まれ)を中心に、自然食品を好む健康志向が広がっていることが消費を後押しする。日本などに輸出され始め、ブームの兆しをみせている。

インドネシアの首都ジャカルタ南部で19年、聞き慣れないナッツを扱う店が開業した。「バタビア・コーヒー・アンド・ナッツ」では、インドネシア産の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン