/

トヨタAI子会社、自動運転の高精度地図作製実験に成功

トヨタ自動車の子会社のトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は10日、一般道を対象にした自動運転の高精度地図作製の実証実験に成功したと発表した。専用の計測車両を使わず、一般車両や衛星から取得した画像データで作製するのが特徴だ。作成コストの大幅な低減や更新期間の短縮が期待できるという。

実験では、ドライブレコーダーから取得したデータだけで高精度地図を作製する技術、高解像度の衛星画像から地図を作製する技術などを試してきた。ドライブレコーダーを活用した技術では米カーメラ、衛星画像の技術ではNTTデータや米マクサー・テクノロジーズなどと組んで検証した。

自動運転の高精度地図は高速道路向けの整備が進んでいるが、より広範囲な一般道の地図をどう整備するかが課題となっている。TRI-ADは地図作製のソフトウエアプラットフォームをオープン化して参加企業から得たデータを共有し、地図をつくる構想を掲げている。今回の実験はこれに向けた取り組みとなる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン