JR東仙台支社、旅行商品一部取りやめ

2020/3/10 14:54
保存
共有
印刷
その他

JR東日本仙台支社は新型コロナウイルス拡大を受け、3~4月のイベントや旅行商品を一部取りやめる。臨時新幹線による北陸旅行商品や、14日の磐越西線の指定席サービス導入に伴う記念セレモニー、20日の山形新幹線の新庄延伸20周年の車内イベントを中止する。

4月3日に1泊2日で予定されていた臨時新幹線による仙台―金沢駅直通の北陸旅行全10コースを中止した。新型コロナの影響で2月中旬からキャンセルが相次ぎ、普通車では最少催行人数が15人以上となっていたが、全てのコースで定員に達しなかった。

同社は3月14日の常磐線全線開通に合わせ温泉リゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」を楽しむ日帰り商品なども発売している。同施設の日帰り施設は15日まで臨時休園となっており、休園が長引けば一部商品の中止の可能性もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]