パナソニック、ベア代わりに年金増額 春季交渉で調整

2020/3/10 11:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パナソニックは2020年の春季労使交渉で、ベースアップ(ベア)に相当する賃金改善を、年金の増額で代替する方向であることが10日、明らかになった。実質的な賃上げとし、ベアを圧縮する狙いがある。電機各社はこれまでベアによる基本給の底上げで統一し、一律の金額で交渉してきた。電機大手の労働組合でつくる電機連合は一定の水準を満たせばベアにこだわらない賃上げの手法を認めている。電機の賃金改善のスタイルが変わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]