米、新型コロナで経済対策検討 減税など議会と協議へ

2020/3/10 9:34
保存
共有
印刷
その他

9日、ホワイトハウスで新型コロナについて記者会見するトランプ氏=AP

9日、ホワイトハウスで新型コロナについて記者会見するトランプ氏=AP

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済対策を検討すると表明した。収入減に見舞われた労働者を支援するため、減税などを議会と10日に協議する。米国でも感染者が増えて金融市場の動揺が続くなか、経済を下支えする姿勢を明示することで悪影響を最小限に抑えたい考えだ。

ホワイトハウスで会見し、提案する経済政策は「大きなものになる」と強調した。給与税(社会保障税)の軽減や時給労働者の支援、中小企業へのローンなどを検討する。感染者が仕事を休んで収入が減ってしまう事態を念頭に「自分の過ちではないことで、罰せられることはない」と支援策の実現に意欲を表した。

トランプ氏は10日、与党・共和党の幹部と議論した後、改めて記者会見して詳細を説明する予定だ。議会では与野党の承認が必要で、政権の提案が通るかは不透明だ。

トランプ氏は新型コロナを巡る政権の対応について「とてもうまく対処している」と主張した。ホテルなど打撃を受けている業界の幹部らとも協議し、対応策を探る。

同席したムニューシン財務長官も、米経済への悪影響を和らげるために「すべての手段を使う」と強調した。金融機関の幹部と今週、議論するという。「いまは金融危機の類いではない」などと主張し、市場関係者に冷静な対応を呼びかけた。

一方、米連邦準備理事会(FRB)など連邦金融当局は9日、金融機関に対し、新型コロナで打撃を受けた顧客企業への円滑な融資を促す声明を発表した。貸し渋りが起きないよう金融機関にも適切な支援をしていくとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]