インドネシアのスマホ決済OVO、第5のユニコーンに

2020/3/9 22:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアでスマートフォンを使った決済サービス「OVO(オボ)」が急速に普及してきた。ショッピングモールやレストランのほか、配車サービスやネット通販でも使えるようにし、利用者を一気に伸ばした。米CBインサイツによると企業評価額は29億ドル(約3000億円)。インドネシアで5番目のユニコーン企業(企業評価額10億ドル以上の未上場企業)に成長した。

もともとは大手財閥リッポー・グループが始めたポイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]