/

新型コロナ インドネシア・フィリピンで感染者急増

当局、警戒強める

【ジャカルタ=鈴木淳、マニラ=遠藤淳】インドネシアとフィリピンで新型コロナウイルスの感染者数が急増している。インドネシアで9日、新たに13人の感染が判明し、フィリピンでも10人の感染を確認した。比政府は9日、公衆衛生の非常事態宣言を出した。両国では比較的、感染者数が少なく、当局は急増に警戒を強めている。

9日、ジャカルタでマスクをつけて市場を訪れる買い物客=ロイター

インドネシア政府の発表によると、9日までの国内での感染者数は計19人となった。ジャカルタで開かれたダンスパーティーの参加者を中心に感染が広がっていた可能性が高く、保健省などが追跡調査を進めている。ジョコ大統領は8日、ツイッターで国民に「パニックになってはいけない」と呼びかけた。

フィリピン保健省は9日、フィリピン人10人の感染を新たに確認し、計20人になったと発表した。海外に渡航した経験のない人も含み、感染源を追えない「市中感染」が広がっているとの見方もある。

パネロ大統領報道官は同日、ドゥテルテ大統領が公衆衛生の非常事態宣言を出したと明らかにした。地方自治体が必要な財源を迅速に活用したり、当局がマスクなどの販売価格を統制したりできるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン