個人データ分析に監視の目 リクナビ問題受け法改正案

データの世紀
法務・ガバナンス
2020/3/10 9:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は10日の閣議で個人情報保護法の改正案を決定した。就職情報サイト「リクナビ」が内定辞退率を本人に無断で販売した問題を受け、企業などによる個人データの分析に関する規制を急きょ盛り込んだ。罰金の上限も1億円に高めるが欧米より大幅に少なく、効果を疑う声もある。個人情報の保護とデータ活用を両立するバランスの良い運用が課題になる。

■クッキーの利用を制限

改正案の注目点は、企業などがユーザーの様々なデー…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]