/

この記事は会員限定です

小6争奪 関西学習塾が火花、少子化でも中学受験増加

[有料会員限定]

関西で2020年の中学受験シーズンが終わり、大手学習塾の間では早くも新小学6年生の児童獲得競争が本格化している。浜学園(兵庫県西宮市)は京都府や奈良県に教室を増やし、両府県の有名校を目指す受験生を取り込む。希学園(大阪市)は進路指導などの体制を強化し、児童を総合的に支援する。少子化が進むなか、関西では中学受験者数が増加しており、教育分野で数少ない成長市場となっている。

兵庫県や大阪府を中心に約40...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1284文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン