/

出光、昭シェルの潤滑油事業を英蘭シェルに譲渡

出光興産は9日、2019年4月に経営統合した昭和シェル石油が手掛けていた、日本市場での潤滑油事業を英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルグループへ売却する協議を始めると発表した。早期の事業売却の完了を目指すという。譲渡後はシェルの日本法人が潤滑油事業を展開する予定だ。

出光は保有する完全子会社のシェルルブリカンツジャパン(東京・港)の全株式をシェルグループへ譲渡する。譲渡額は非公表としている。旧出光に由来する潤滑油事業も展開する中で、シェルグループから事業譲渡の申し出があったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン