/

Jリーグ、18日再開を断念 4月3日めざす

(更新)

Jリーグは9日、2月26日以降中断して3月18日に再開する予定だった公式戦の再開を延期することを決めた。日本プロ野球機構(NPB)と共同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の提言を受け、9日夕方に臨時でウェブ会議を行い全クラブが了承した。感染防止対策などで必要な運営体制を整えつつ、4月3日の再開を目指すとしている。

村井満チェアマンは「4月3日に再開できれば、(代表戦と重なる)国際Aマッチデーや東京五輪期間に試合を組み込むことなく、日程をやりくりできる」との見通しを示した。平日に代替開催する方針で、連戦にはなるもののカップ戦も現状の方式で開催可能だという。

12日に開催予定の理事会で正式に機関決定する。感染がどこで終息するかなど状況次第で再開時期は後ろにずれ込む可能性もあり、専門家の助言も参考に慎重に決めるとしている。村井チェアマンは「延期が波及する範囲は広く、意味合いを重く感じている。前例のないことでやってみないと分からないが、最大の努力で再開を目指したい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン