きら星の伊藤綾代表、湯沢の廃校をシェアオフィスに
(新潟創造人)

2020/3/9 19:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バブル期にスキー客でにぎわった新潟県湯沢町。ブームの終焉(しゅうえん)や少子高齢化で衰退が進み、現在は「消滅可能性都市」の一つにも挙げられている。柏崎市出身の伊藤綾さんは、こうした湯沢の現状を変えたいと2019年3月に一家で移住。廃校を使ったシェアオフィスの開設や移住者向け職業紹介を通じ、湯沢町を再び活気づけようと奔走する。

――移住を決めた理由はなんですか。

「湯沢町は小さい頃、親とよく遊びに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]